SUPPORT

よくあるご質問

QUESTION

よくある質問


よくある質問
キャンピングカーって普通免許で乗れるの?
弊社取扱いの車両はどれも普通免許で運転していただけます。
キャンピングカーの税金や維持費用は高いの?
同じベースのお車で、新車登録時の費用を比較すると、乗用車登録、キャンピング車登録、それぞれ次のようになります。

例:ハイエース 排気量2700cc 重量2tクラスの場合

乗用車登録 キャンピング車登録
自動車税 ¥51,000 / 1年 ¥40,800 / 1年
重量税 ¥61、500 / 3年 ¥24,600 / 2年
自賠責保険料 ¥36,780 / 37ヶ月 ¥31,230 / 25ヶ月
1年平均で計算すると、乗用車は¥83,430、キャンピング車は¥68,090とキャンピング車の方が安くなります。
ローンは使えるの?
通常のオートローンや残価設定型などご要望に合わせたローンをご利用いただけます。
どんなオプションがあるの?
サイクルキャリア・サイドオーニングなどの外遊びをサポートする物やTV・ルームエアコンなどの車内で快適に過ごす為の物など多彩なオプションがございます。
※取付可能品は車種によって内容が異なりますので詳しくはご相談ください。
故障した場合のメンテナンスはどうするの?
ベース車の部分に関しては各ベース車のディーラーで対応していただけます。
例えばハイエースベースのお車であれば、お近くのトヨタディーラーでメンテナンスが可能です。
キャンピング部分に関しては全国のデルタリンクグループ店、もしくは弊社指定工場にてメンテナンスを承ります。
車検更新は、普通の車と同じ頻度?
キャンピング車登録とはいえ、「車検」はベース車について行う定期検査で、2年毎です。
また、車検は一般的な乗用車ディーラー等でも同じ様に受けることが可能です。
尚、キャンピング設備に関する整備は義務化されておりませんが、専門販売店等で定期的に受けられることをお勧めしております。
キャンピングカーにはどんな種類があるの?

6つのタイプがございます。

・フルコンバージョン

フロントマスクの部分から全てFRPやアルミで作り込んであるタイプです。スタイル、断熱に優れます。

・キャブコンバージョン

トラック等をベースにキャビンを上に載せているタイプです。就寝スペースや居住空間を広くとっており、より本格的な設備が装備可能です。

・バスコンバージョン

その名の通りバスをベースに車内を架装したタイプです。バス特有のゆったりとした空間と、乗り心地の良さが特徴です。

・バンコンバージョン

ハイエース等のバンやワゴンの車内を架装したタイプです。キャンプに限らず、普段の通勤や買物から荷物運び等、日常的に使用できる汎用性の高さが特徴です。

・トラベルトレーラー

乗用車でけん引するタイプです。 750kg以下であれば普通免許でも運転でき、車両価格、維持費共に安く、お乗り出しいただきやすいお車です。

・軽タイプ

軽自動車をベースにしたキャンピングカーです。

高速道路の料金はどうなるの?
一般乗用車同様に普通車料金で通行できます。
トレーラーの牽引では1サイズ上の通行料金になり、普通車でけん引する場合は中型車料金になります。
キャンピングカーの電源 はどこからとっているの?
キャンピングカーはベース車両のバッテリーとは別にサブバッテリーを積んでいます。
そのサブバッテリーから電源を供給して様々な設備を動かしています。
サブバッテリーの充電には以下の方法がございます。
・エンジンをかけて走行しながら充電する「走行充電システム」
・外部コンセントから充電する「外部100V充電システム」
・その他、ソーラーチャージャーや、発電機を使用する方法がございます。
タイヤバーストの事故を聞くけど大丈夫?
日常的な点検を心がけることによって予防が可能です。
路面温度の上昇する夏場は特に点検が大切です。
駐車場がアスファルトの場合も注意してください。
ご購入までの流れ

ご購入までの流れ

詳しく見る
メンテナンス

メンテナンス

詳しく見る
点検・保証について

点検・保証について

詳しく見る
よくある質問

よくある質問

詳しく見る
買取相談 お気軽にご相談ください!